創作の極意と掟

筒井康隆 [著]

作家の書くものに必ず生じる「凄味」とは?「色気」の漂う作品、人物、文章とは?作家が恐れてはならない「揺蕩」とは?文章表現に必須の31項目を徹底解説。「小説」という形式の中で、読者の想像力を遙かに超える数々の手法と技術を試してきた著者が、満を持して執筆した21世紀の全く新しい"小説作法"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 凄味
  • 色気
  • 揺蕩
  • 破綻
  • 濫觴
  • 表題
  • 迫力
  • 展開
  • 会話
  • 語尾
  • 省略
  • 遅延
  • 実験
  • 意識
  • 異化
  • 薬物
  • 逸脱
  • 品格
  • 電話
  • 羅列
  • 形容
  • 細部
  • 蘊蓄
  • 連作
  • 文体
  • 人物
  • 視点
  • 妄想
  • 諧謔
  • 反復
  • 幸福

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 創作の極意と掟
著作者等 筒井 康隆
書名ヨミ ソウサク ノ ゴクイ ト オキテ
シリーズ名 講談社文庫 つ1-8
出版元 講談社
刊行年月 2017.7
ページ数 297p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-293695-8
NCID BB24883065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22925923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想