今こそ『資本論』

フランシス・ウィーン 著 ; 中山元 訳

『資本論』は「革命の書」ではなく、資本主義というシステムの本質をえがきだした書である。本書は世界を変えた一冊の本を、マルクスの哲学や思想、先行研究、世界でどのように解釈されたのかなどの観点から読み解く。豊かな経済活動とともに、格差を伴う資本主義というシステムに飲み込まれないための杖となる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 知られざる傑作
  • 第1章 萌芽-『資本論』はいかに誕生したか(『資本論』が成立した背景
  • ジャーナリストとしてのマルクス
  • 『資本論』へと結実する『経済学・哲学草稿』 ほか)
  • 第2章 誕生-『資本論』はいかに読むべきか(『資本論』の構成
  • 使用価値と交換価値
  • フェティシズムについて ほか)
  • 第3章 死後の生-『資本論』はいかに読まれてきたか(『資本論』のわかりにくさ
  • 『資本論』の翻訳の困難な道のり
  • イギリスにおける『資本論』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今こそ『資本論』
著作者等 Wheen, Francis
中山 元
ウィーン フランシス
書名ヨミ イマ コソ シホンロン : シホン シュギ ノ シュウエン オ イキヌク タメ ニ
書名別名 KARL MARX'S DAS KAPITAL

資本主義の終焉を生き抜くために

Ima koso shihonron
シリーズ名 資本論 130
ポプラ新書 130
出版元 ポプラ社
刊行年月 2017.7
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-591-15539-4
NCID BB24395108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22932177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想