海は生きている

富山和子 作 ; 大庭賢哉 絵

魚や貝、塩など、海のめぐみを受けて、わたしたちはくらしてきました。海の水が雨になり、森や田畑にふりそそぎ、川をとおって海にもどる。この水のつながりは、いのちのつながりでもあります。一方で津波という、海とのたたかいもありました。そして今、海に異変が起きています。陸に生きるわたしたちと海との関係を見つめなおす「生きている」シリーズの完結編、待望の文庫化。小学中級から

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海とわたしたちの国土(地球は水の星。そして日本は海の国です
  • 海はつづいています
  • 海はながれています
  • 海は宇宙を感じています
  • 海と陸とのたたかいもありました
  • 海は山をのぼりました)
  • 海に生きる人たち(海の人たちはやさしい人たちでした
  • 対岸ともなかよしでした
  • みんなで海をそだてました
  • 海の人たちはたたかう人たちでした)
  • 海の苦しみ(お返しを忘れた社会
  • 地球の温暖化
  • 海がよみがえってきたよ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海は生きている
著作者等 大庭 賢哉
富山 和子
書名ヨミ ウミ ワ イキテ イル
シリーズ名 自然と人間 76-8
講談社青い鳥文庫 76-8
出版元 講談社
刊行年月 2017.7
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-285637-9
NCID BB24216901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22914576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想