大老の刺客

藤水名子 著

勘定奉行を拝命した柘植長門守正寔は、松平定信から本物と寸分違わぬ贋小判を見せられ、「もし金座の小判師が関与しているのであれば、勘定奉行であるそちの責」と、探索を命じられる。金座からの帰途、妖しい術を使う白帷子の男に襲われるが、下臣六兵衛の仇敵であったことから、黒幕の策謀が見えてくる。贋金は何のために、そしてなぜ襲われるのか、身を賭した戦い!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大老の刺客
著作者等 藤 水名子
書名ヨミ タイロウ ノ シカク
シリーズ名 隠密奉行柘植長門守 3
二見時代小説文庫 3
出版元 二見書房
刊行年月 2017.7
ページ数 284p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-576-17096-1
全国書誌番号
22905154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想