アジアの中の日本映画

四方田犬彦 著

ハリウッド、パリ、香港、そしてソウル。複数の映画都市の記憶が2000年の東京に結実する。戦前のナチス合作映画から日活アクション、沖縄映画、在日新世代フィルムまで、新しい光のもとで映画史を編み直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アジアのなかの日本映画(二〇〇〇年のソウル
  • 日活アクションとヌーヴェルヴァーグ ほか)
  • 2 日本映画とマイノリティの表象(在日韓国人の表象
  • 武士道と日本映画 ほか)
  • 3 一九九〇年代の日本映画(映画史的記憶から解放されて
  • 二〇世紀最後の新人三人-森達也/塩田明彦/今岡信治 ほか)
  • 4 日本映画の海外進出(日本映画の海外進出
  • 漫画と映画はいつでも仲のいい姉妹だった ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの中の日本映画
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ アジア ノ ナカ ノ ニホン エイガ
書名別名 Ajia no naka no nihon eiga
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.7
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 4000220039
NCID BA52797893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20193503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想