臨床哲学対話あいだの哲学

木村敏 著

「哲学」の俊傑たちとともに、人間存在の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 臨床哲学とは何か-×野家啓一
  • 2 "作り"と"かたり"-×坂部恵
  • 3 共通感覚論の可能性-×中村雄二郎
  • 4 生の哲学と死の欲動-×新宮一成×浅田彰×桐谷行人
  • 5 "分裂病"をめぐって 国有名の欠如・不成立-×中井久夫×市川浩×柄谷行人
  • 6 時間とあいだ-×大澤真幸(司会:高橋義人)
  • 7 時間と人間-×村上陽一郎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床哲学対話あいだの哲学
著作者等 木村 敏
書名ヨミ リンショウ テツガク タイワ アイダ ノ テツガク
書名別名 Rinsho tetsugaku taiwa aida no tetsugaku
シリーズ名 木村敏対談集 2
出版元 青土社
刊行年月 2017.7
ページ数 411p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6998-8
NCID BB2402430X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22910293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
〈作り〉と〈かたり〉 坂部恵
〈分裂病〉をめぐって 中井久夫, 市川浩, 柄谷行人
共通感覚論の可能性 中村雄二郎
時間とあいだ 大澤真幸, 高橋義人 司会
時間と人間 村上陽一郎
生の哲学と死の欲動 新宮一成, 柄谷行人, 浅田彰
臨床哲学とは何か 野家啓一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想