最高裁刑事判例批判

吉川経夫 著

本書の第一部では、小野清一郎の主宰する刑事判例研究会において発表したすべての論稿を収録した。そのすべてが最高裁判所の判例に関するものである。第二部では、主としてこの第二次司法反動時代の最高裁判例について諸雑誌に発表したものを発表年代順に収録している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 刑事判例研究会(取締法規の不知と犯意
  • 物件検査行為と公務執行妨害罪 ほか)
  • 第2部 雑誌論文(公安条例最高裁判決について
  • 公労法一七条違反の争議行為と刑事免責-国労桧山丸事件 ほか)
  • 第3部 附録(刑事法学と判例研究
  • 小野先生と私)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最高裁刑事判例批判
著作者等 吉川 経夫
書名ヨミ サイコウサイ ケイジ ハンレイ ヒハン
シリーズ名 吉川経夫著作選集 / 吉川経夫 著 第4巻
出版元 法律文化社
刊行年月 2001.5
ページ数 386p
大きさ 22cm
ISBN 4589024748
NCID BA51945248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20185973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想