鏡と皮膚 : 芸術のミュトロギア

谷川渥 著

深みに「真実」を求めてはならない。なぜなら「生はいかなる深さも要求しない。その逆である」(ヴァレリー)からである。オルフェウスがエウリディケーと見つめ合った瞳に、アテナの盾を飾ったメドゥーサの首に、マルシュアスの剥がされた皮に、キリストの血と汗を拭ったヴェロニカの布に-神話の根拠を古今の画家たちの作品からたどり、鏡と皮膚の織りなす華麗かつ官能的な物語を読み解く。美と醜、表層と深層、外面と内面、仮象と現実という二元論を失効させるまったく新しい芸術論。鷲田清一との対談「表層のエロス」収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 表層のバロック的遁走
  • 1 オルフェウスの鏡
  • 2 ナルキッソスの変幻
  • 3 メドゥーサの首
  • 間奏 可視性の謎-ベラスケス"侍女たち"をめぐって
  • 4 マルシュアスの皮剥ぎ
  • 5 ヴェロニカの布
  • 6 真理のヴェール
  • 結び 皮膚論的な想像力のために
  • 対談 表層のエロス-皮膚論的想像力に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏡と皮膚 : 芸術のミュトロギア
著作者等 谷川 渥
書名ヨミ カガミ ト ヒフ : ゲイジュツ ノ ミュトロギア
書名別名 Kagami to hifu
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.4
ページ数 331p
大きさ 15cm
ISBN 448008634X
NCID BA51644376
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20176143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想