現代ニッポン論壇事情社会批評の30年史

北田暁大, 栗原裕一郎, 後藤和智 著

この30年、日本の論壇はどのように在ったのか。たとえば、「若者論」。バッシングから擁護へと大きく舵を切った「若者論」の背景には、年長世代の粗雑で自己肯定的な「世代論」があった。昨今のリベラル知識人のSEALDsへの前のめりな評価は、そのような若者の「政治利用」の帰結でもあるのではないか?本書で批判の俎上にあげられているのは、柄谷行人、上野千鶴子、内田樹、高橋源一郎、宮台真司、小熊英二、古市憲寿など。60年代・70年代・80年代生まれと、世代が異なる個性的な論客3人が現代ニッポンの言論空間を語り尽くす刺激的な鼎談。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 若者論のゆくえ(若者バッシングか、擁護か
  • 後藤和智はなぜあの頃ウケたのか
  • バッシングへ舵を切った若者論 ほか)
  • 第2章 文化と政治-社会運動の源流(ムーブメントとしての「DIY文化」
  • うたごえ運動と労音
  • 七〇年代〜九〇年代総括 ほか)
  • 第3章 トランプが日本のリベラルに突きつけるもの(野党共闘でどうにかなるのか?
  • 上野千鶴子はレッセフェール
  • ロスジェネ論壇が行き着いた先 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代ニッポン論壇事情社会批評の30年史
著作者等 北田 暁大
後藤 和智
栗原 裕一郎
書名ヨミ ゲンダイ ニッポン ロンダン ジジョウ シャカイ ヒヒョウ ノ サンジュウネンシ
シリーズ名 イースト新書 085
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2017.6
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7816-5085-2
NCID BB2384432X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22919917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想