虹色のチョーク

小松成美 著

社員の7割が知的障がい者のチョーク工場が、"日本でいちばん大切にしたい会社"と呼ばれるその理由とは-。家族の宿命と経営者の苦悩、同僚の戸惑いと喜びを描いた感動のノンフィクション。58年もの間、障がい者雇用を続けながら、業界トップシェアを成し遂げた日本理化学工業。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本でいちばん大切にしたい会社と呼ばれて(思いがけぬ脚光と変わらない日常
  • チョーク製造ラインで働く知的障がい者たち ほか)
  • 第2章 障がい者を持つ家族の思い(仕事を持って生きる本田真士さんと母の物語
  • 仕事を通して芽生えた責任と使命 ほか)
  • 第3章 働く幸せの実現に向けて-会社が乗り越えてきた苦難(4代にわたる日本理化学工業の歴史
  • 4代目社長・大山隆久の挑戦 ほか)
  • 第4章 チョーク屋に生まれて-経営者としての天命(相模原殺傷事件の衝撃
  • 二人の少女との出会い ほか)
  • 第5章 障がい者とその家族が生きる道(障がい者雇用第一期生の林緋紗子さん
  • 林家の物語 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虹色のチョーク
著作者等 小松 成美
書名ヨミ ニジイロ ノ チョーク : ハタラク シアワセ オ ジツゲン シタ マチコウバ ノ キセキ
書名別名 働く幸せを実現した町工場の奇跡
出版元 幻冬舎
刊行年月 2017.5
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-344-97904-8
NCID BB2371764X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22915487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想