スポーツに生きる

鈴木良徳 編

[目次]

  • 目次
  • 1 スポーツに生きる-スポーツマンシップとは- / 7
  • 2 「オリンピックでたいせつなことは、勝つことでなく、参加することである。」 / 20
  • 3 きめられたコース-南アフリカのハードル選手アトキンソン- / 26
  • 4 好敵手とは、同じ条件で-イギリスのバーレー選手- / 31
  • 5 友情のメダル-大江選手と西田選手- / 37
  • 6 いなか選手-短距離の佐々木選手- / 47
  • 7 あかつきの超特急(上)-吉岡隆徳選手- / 59
  • 8 あかつきの超特急(下)-吉岡隆徳選手- / 72
  • 9 スポーツにささげた一生(上)-人見絹枝選手- / 82
  • 10 スポーツにささげた一生(下)-人見絹枝選手- / 92
  • 11 敵・味方にわかれても-ドイツの中距離選手ハンス・ブラウン- / 105
  • 12 人間機関車・第一号-フィンランドのヌルミ選手- / 110
  • 13 合宿の友情-古橋選手と世界記録- / 118
  • 14 珍事故から生れたボートマンシップ-早稲田・慶応クルー- / 124
  • 15 努力の人-一高の野球選手白石多士良氏- / 138
  • 16 待望の二千本安打-川上選手- / 143
  • 17 不世出の快腕投手-沢村選手- / 151
  • 18 十六年ぶりの夢を実現-飛田忠順氏のこと- / 159
  • 19 コートの虫-熊谷一彌氏のこと- / 165
  • 20 何度目かのセンター・コート-チェコ生れのドロブニー選手- / 170
  • 21 女のほうが速い-英仏海峡横断水泳- / 175
  • 22 ラグビー校のスポーツ-ラグビーはこうして生れた- / 182
  • 23 レフェリーだって神さまではない-戦前のオール・ブラックス- / 187
  • 24 ウォー・クライ-オール・ブラックスを迎えて- / 194
  • 25 審判の神聖-土俵上に見る疑問- / 200
  • 26 日本人ではじめての世界選手権-白井義男選手- / 204
  • 27 馬と選手-西竹一中尉のこと- / 213
  • 28 動物愛護と馬術-馬術競技あれこれ- / 218
  • 29 スポーツ外交はこうして成功した-ロス・アンゼルスとマニラで- / 226
  • 30 スポーツの歴史-昔と今- / 236
  • 31 オリンピック大会、アジア大会、国民体育大会(上)-その歴史- / 244
  • 32 オリンピック大会、アジア大会、国民体育大会(下)-その旗- / 252
  • あとがき / 261

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 スポーツに生きる
著作者等 鈴木 良徳
書名ヨミ スポーツ ニ イキル
シリーズ名 新中学生全集 ; 5
出版元 筑摩書房
刊行年月 昭和33
ページ数 262p 図版
大きさ 21cm
NCID BA65648921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45019601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想