情報探索と情報利用

田村俊作 編

メディアの多様化と情報技術の発達のなかで、情報の探索・利用はますます重要な活動となってきた。情報利用研究の成果をふまえ、何が問題かを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 情報利用をめぐる研究
  • 第1章 生活世界と情報
  • 第2章 個人の情報世界
  • 第3章 情報探索の論理
  • 第4章 情報利用の社会的意義
  • 第5章 情報リテラシー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報探索と情報利用
著作者等 斎藤 泰則
池谷 のぞみ
津田 良成
田村 俊作
越塚 美加
野末 俊比古
書名ヨミ ジョウホウ タンサク ト ジョウホウ リヨウ
書名別名 Joho tansaku to joho riyo
シリーズ名 図書館・情報学シリーズ / 津田良成 編 2
出版元 勁草書房
刊行年月 2001.7
ページ数 282p
大きさ 22cm
ISBN 4326048018
NCID BA52828443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想