市場経済と価値 : 価値論の新機軸

飯田和人 著

市場経済の解明に向けて、価値論の新しい地平を拓く。労働価値論の批判的継承から関係主義的価値論を提示し、商品・貨幣・資本がもつ呪物性の検討を踏まえ市場経済を考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 資本主義経済システムと価値論(商品世界における価値とその実体
  • 価値の量的規定と物量体系
  • 商品世界と呪物崇拝 ほか)
  • 第2編 市場の基本構造と商品・貨幣論(商品語と価値形態
  • 価値形態の発展
  • 貨幣の必然性について)
  • 第3編 関係主義的価値論と資本主義経済(関係主義的価値概念と労働価値論
  • 商品貨幣説から現代貨幣の説明原理へ
  • 市場システムと貨幣呪物-貨幣呪物の再生産メカニズム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市場経済と価値 : 価値論の新機軸
著作者等 飯田 和人
書名ヨミ シジョウ ケイザイ ト カチ : カチロン ノ シンキジク
書名別名 Shijo keizai to kachi
シリーズ名 明治大学社会科学研究所叢書
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2001.7
ページ数 422p
大きさ 22cm
ISBN 4888486514
NCID BA52882223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20191235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想