今夜ヴァンパイアになる前に

L・A・ポール 著 ; 奥田太郎, 薄井尚樹 訳

進学、就職、転職、結婚、出産など、人生の岐路で大きな決断を迫られたとき、人は合理的に選択することができるのか。何かを選ぶことで、今とはまったく違う自分に変わってしまうかもしれないというのに-。誰しもが悩む「変容の経験」、その実存的な問いを分析哲学の視点から考える注目作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヴァンパイアになる
  • 第2章 変容的な選択(経験は最良の教師である
  • 規範的な基準
  • 主観的な熟慮
  • 変容的な決断)
  • 第3章 人生の選択(感覚能力
  • 子をもつ選択をすること
  • 時間的に広がりのある自己)
  • 第4章 新たなものの衝撃
  • 補論 意思決定(一人称的な選択
  • 根本的同定問題
  • インフォームド・コンセント
  • 合理的な依存
  • 不確定な価値
  • フィンク的な選好
  • あいまいな信憑度
  • 階層ベイズ・モデル
  • 気づきがないこと
  • 結論 啓示)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今夜ヴァンパイアになる前に
著作者等 Paul, L. A.
Paul, Laurie Ann
奥田 太郎
薄井 尚樹
ポール L.A.
書名ヨミ コンヤ ヴァンパイア ニ ナル マエ ニ : ブンセキテキ ジツゾン テツガク ニュウモン
書名別名 Transformative Experience

分析的実存哲学入門

Kon'ya vanpaia ni naru mae ni
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2017.5
ページ数 203,26p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0873-0
NCID BB23739427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22915241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想