核兵器の拡散

スコット・セーガン, ケネス・ウォルツ 著 ; 川上高司 監訳 ; 斎藤剛 訳

核保有国が増えるのはなぜ望ましいと言えるのか?それに対する反論とは?本書は、核兵器の拡散に主に勢力均衡論から肯定的立場をとるウォルツと、組織論の観点から否定的立場をとるセーガンによる、それぞれの主張と反論をまとめた論争の書。理論から最近の核拡散の事例、そしてオバマの「核なき世界」演説に至るまで、核兵器の真髄に迫る白熱の論争を余すことなく伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 核保有国が増えるのはおそらく好都合
  • 第2章 核保有国が増えるのは不都合
  • 第3章 ウォルツからセーガンへの反論
  • 第4章 セーガンからウォルツへの反論
  • 第5章 インドとパキスタンの核兵器-好都合か不都合か?
  • 第6章 イラク、北朝鮮、イラン
  • 第7章 核廃絶は最良の選択肢か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 核兵器の拡散
著作者等 Sagan, Scott Douglas
Waltz, Kenneth Neal
川上 高司
斎藤 剛
Sagan Scott D.
Waltz Kenneth N.
ウォルツ ケネス
セーガン スコット
書名ヨミ カク ヘイキ ノ カクサン : オワリナキ ロンソウ
書名別名 The Spread of Nuclear Weapons

終わりなき論争
出版元 勁草書房
刊行年月 2017.5
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-30257-4
NCID BB2372027X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22911928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
イラク,北朝鮮,イラン ケネス・ウォルツ, スコット・セーガン, ミラ・ラップ=フーパー
インドとパキスタンの核兵器 ケネス・ウォルツ, スコット・セーガン
ウォルツからセーガンへの反論 ケネス・ウォルツ
セーガンからウォルツへの反論 スコット・セーガン
核保有国が増えるのはおそらく好都合 ケネス・ウォルツ
核保有国が増えるのは不都合 スコット・セーガン
核廃絶は最良の選択肢か ケネス・ウォルツ, スコット・セーガン
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想