古代都市平城京の世界

舘野和己 著

本書では、主に平城京を取り上げて、日本古代都市の様相を探ることにする。平城京は奈良盆地の北端に築かれ、「あをによし寧楽の京師は咲く花のにほふがごとく今盛りなり」と『万葉集』に詠われたが、実態はそういえるようなものであったのか、そこにはどのような人が住み、どのような生活を営んでいたのか、周辺に広がる農村地帯とどのような関係にあったのか、またどのような点で農村と異なっていたのか、などを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 平城京への遷都
  • 2 平城京の都市計画と住人
  • 3 平城宮の実相と官人
  • 4 商業者の世界
  • 5 平城京と地方とのつながり
  • 6 都市の苦悩と祈り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代都市平城京の世界
著作者等 舘野 和己
書名ヨミ コダイ トシ ヘイジョウキョウ ノ セカイ
シリーズ名 日本史リブレット 7
出版元 山川出版社
刊行年月 2001.7
ページ数 99p
大きさ 21cm
ISBN 4634540703
NCID BA5293184X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20191112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想