みみずくは黄昏に飛びたつ

村上春樹 語る ; 川上未映子 訊く

芥川賞作家にして、少女時代からの熱心な愛読者が、村上春樹のすべてを訊き尽くす。騎士団長とイデアの関係は?比喩はどうやって思いつく?新作が何十万人に読まれる気分は?見返したい批評家はいる?誰もが知りたくて訊けなかったこと、その意外な素顔を、鮮烈な言葉で引き出す。11時間、25万字の金字塔的インタビュー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 優れたパーカッショニストは、一番大事な音を叩かない
  • 第2章 地下二階で起きていること
  • 第3章 眠れない夜は、太った郵便配達人と同じくらい珍しい
  • 第4章 たとえ紙がなくなっても、人は語り継ぐ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みみずくは黄昏に飛びたつ
著作者等 川上 未映子
村上 春樹
書名ヨミ ミミズク ワ タソガレ ニ トビタツ : ハルキ ムラカミ ア ロング ロング インタヴュー
書名別名 Haruki Murakami A Long,Long Interview
出版元 新潮社
刊行年月 2017.4
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-353434-1
NCID BB23577697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22910246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想