哲学書簡

ヴォルテール 著 ; 斉藤悦則 訳

イギリスにおける信教の自由、議会政治を賛美し、ロックの思想、ニュートンの科学などの考察を書簡形式で綴ったヴォルテールの思想の原点。フランス社会の遅れを痛烈に批判し発禁処分にされたことで大ベストセラーとなった。のちの啓蒙思想家たちに大きな影響を与えた初期の代表作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • クエーカーについて
  • イギリス国教について
  • 長老派について
  • ソッツィーニ派、アリウス派、反三位一体派について
  • 国会について
  • 統治について
  • 商業について
  • 種痘について
  • 大法官ベーコンについて
  • ロック氏について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学書簡
著作者等 Voltaire
Voltaire, François Marie Arouet de
斉藤 悦則
ヴォルテール
書名ヨミ テツガク ショカン
書名別名 LETTRES PHILOSOPHIQUES
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 KBウ3-2
出版元 光文社
刊行年月 2017.5
ページ数 362p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75354-2
NCID BB23583496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22943210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想