番地の謎

今尾恵介 著

住所のしんがりに来る番地。そもそも番地とは何だろう。どこを起点にどんな順番で並んでいるのか?日本の住所表記は大きく3類型に分けられるが、京都・北海道など独自の表示方法を持つ自治体があるのはなぜなのか?そういえば「網走番外地」とは住所なのだろうか?個性的な住所を細かく詮索しつつ「住所の仕組み」の奥深さを味わう一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-住所にもいろいろ
  • 第1章 大字とは何か-地名の階層
  • 第2章 番地と番外地の謎を探る
  • 第3章 京都・北海道の住所のしくみ
  • 第4章 日本の住居表示はどこが問題か
  • 第5章 ミクロの地名・小字は語る
  • おわりに-明日の住所のために
  • 附章 外国都市の通りと番地

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 番地の謎
著作者等 今尾 恵介
書名ヨミ バンチ ノ ナゾ
書名別名 Banchi no nazo
シリーズ名 光文社知恵の森文庫 tい11-2
出版元 光文社
刊行年月 2017.5
ページ数 353p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-78721-9
NCID BB23963599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22887794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想