路地裏の民主主義

平川克美 [著]

安倍政権の一強時代になり、戦後の平和主義が脅かされ、国家と国民の関係があらためて問われている。法とは何か、民主主義とは何かについてこれまでになく揺さぶられる中、裏通りを歩きながら政治・経済の諸問題を思索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 路地裏から民主主義を考える
  • 第2章 路地裏のメディア論
  • 第3章 路地裏の記憶を歩く
  • 第4章 路地裏の読書、ときどき映画
  • 第5章 人間のための経済学
  • 終章 民主主義について語るために、わたしたちは生まれた町に帰ってきた

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 路地裏の民主主義
著作者等 平川 克美
書名ヨミ ロジウラ ノ ミンシュ シュギ
シリーズ名 角川新書 K-138
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2017.5
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-082123-8
NCID BB23579295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22912424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想