ロバーツコートの立憲主義

大林啓吾, 溜箭将之 編

[目次]

  • 総論(ロバーツの裁判官像
  • ロバーツコートの裁判官たち)
  • 各論(平等-ケネディ裁判官の影響力の増加
  • ロバーツコートの中絶判例
  • 信教の自由-法律による信仰保護と漂流する国教樹立禁止条項
  • 表現の自由-修正1条絶対主義?
  • 刑事手続-保守的コート?
  • 統治分野に関する諸判例)
  • 終論(ロバーツコートのゆくえ-スカリア裁判官の遺産(の危機?)
  • 補論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロバーツコートの立憲主義
著作者等 大林 啓吾
溜箭 将之
書名ヨミ ロバーツ コート ノ リッケン シュギ
書名別名 The Constitutionalism of the Roberts court

Robatsu koto no rikken shugi
出版元 成文堂
刊行年月 2017.4
ページ数 384p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-0604-5
NCID BB23601871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22899960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想