灰緑色の戦史

大木毅 著

戦略の要諦。用兵の極意。作戦の成否。シュリーフェン計画、電撃戦から、最後の勝利「ゼーロフ高地の戦い」まで、その"勝利"と"失敗"の本質から学ぶ。独自の視点、最新の研究、ドイツ連邦軍事文書館などの第一次史料の渉猟からつむがれる「灰緑色」の軍隊、ドイツ国防軍の戦史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 国防軍-その前史と誕生 第一次大戦‐1939年(軍事思想の相克
  • 総統と国防軍)
  • 第2部 巨大なる戦場へ-1940‐1944年(閃く稲妻-電撃戦の時代
  • ロシアのフォン・マンシュタイン)
  • 第3部 鋼鉄軍の黄昏-1943‐1945年(ビヒモス陸に退く
  • 狼たちの落日)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 灰緑色の戦史
著作者等 大木 毅
書名ヨミ カイリョクショク ノ センシ : ドイツ コクボウグン ノ コウボウ
書名別名 Die Kriegsgeschichte von den Feldgrauen

Die Kriegsgeschichte von den Feldgrauen : ドイツ国防軍の興亡

Kairyokushoku no senshi
出版元 作品社
刊行年月 2017.5
ページ数 397p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-629-0
NCID BB23686353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22903965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想