沖浦和光著作集  第6巻

沖浦和光 著

部落差別、先住民差別などをアジア的視点から、天皇制を対局に置き究明する。沖浦学に通底する基本的思想の不朽の論集!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 部落差別の深層(天皇と賎民-両極のタブー
  • ケガレとは何か-原論的考察
  • 鎮護国家仏教の"貴・賤"観-インドのカースト制と日本の密教
  • 斃牛馬処理と触穢思想
  • 食肉の歴史(殺生禁断令))
  • 2 部落史の論点(部落起源論争をめぐって
  • 近世賎民制の形成期と確立期
  • 最近の部落史論争の問題点
  • 熊野における大逆事件と被差別部落)
  • 3 アジアの身分制と差別(アジアの身分制成立史の比較研究-日本の賎民差別とアジアの身分制
  • 東西文化交流史におけるF・ザビエル-人類史の大転換期にあって、改めて宗教の意義を問う)
  • 4 先住民差別の深層(近代史における「先住民」問題-その歴史と文化をめぐって
  • 日本列島の先住民・土蜘蛛-その伝承の地を歩く)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖浦和光著作集
著作者等 沖浦 和光
書名ヨミ オキウラ カズテル チョサクシュウ
書名別名 天皇制と被差別民 : 両極のタブー

Okiura kazuteru chosakushu
巻冊次 第6巻
出版元 現代書館
刊行年月 2017.4
ページ数 412p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-7016-9
NCID BB23564298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22886739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想