大怪獣記

北野勇作 著

ある日、作家である私は、見知らぬ映画監督から「映画の小説化」を依頼される。喫茶店で渡された企画書には「大怪獣記」というタイトルが大きく書かれていた。物語の舞台はこの町と周辺、そして、実際の撮影もここで行うということで、協力を仰ぐ商店街の名前や町内会なども記されていた。私の代表作は亀シリーズで、「亀伝」「電気亀伝」「天六亀」。その他には「メダカマン」「ヒメダカマン」「タニシ氏の生活」「ジャンボタニシ氏の日常」などがある。その映画監督は、そんな私の著作を「あなたの作品にはね、怪獣に対する愛がある。いや、もちろん怪獣そのものは出てこない。でもね、それはあれなんだな、愛なんだ。愛するが故に出せない」と褒めてくれた。当初映画のノベライズかと思っていたが、そうではなく「映画の小説化」だという。途中までできているシナリオを受取るために連れられて行った豆腐屋で、私は恐ろしい体験をする…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大怪獣記
著作者等 北野 勇作
書名ヨミ ダイカイジュウキ
書名別名 Daikaijuki
シリーズ名 クトゥルー・ミュトス・ファイルズ
出版元 創土社
刊行年月 2017.5
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7988-3042-1
全国書誌番号
22881597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
おから 北野 勇作
すっぽん 北野 勇作
ケーキ 北野 勇作
粕汁 北野 勇作
菜の花 北野 勇作
蜜柑 北野 勇作
北野 勇作
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想