時がつくる建築

加藤耕一 著

建物を創造的に再利用する、豊かな建築文化とは。長い歴史における数々の既存建物の再利用の事例を読み解きながら、スクラップ&ビルドの新築主義を脱却し、縮小時代の建築とのつきあいかたを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 建築時間論の試み(既存建物に対する三つの態度
  • 点の建築史から線の建築史へ ほか)
  • 2章 再利用的建築観-社会変動と建築のサバイバル(古代末期の社会変動
  • スポリア ほか)
  • 3章 再開発的建築観-価値のヒエラルキーと建築の形式化(野蛮の誕生
  • 再開発的建築観と再利用的建築実践 ほか)
  • 4章 文化財的建築観-文化財はなぜ時間を巻き戻したのか?(野蛮の復権
  • ヴィオレ=ル=デュクと「修復」のはじまり ほか)
  • 5章 二〇世紀の建築時間論(モダニズムからリノベーション時代へ
  • 時間変化する建築の模索(一九五六年) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時がつくる建築
著作者等 加藤 耕一
書名ヨミ トキ ガ ツクル ケンチク : リノベーション ノ セイヨウ ケンチクシ
書名別名 Architecture in Time

Architecture in Time : リノべーションの西洋建築史
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2017.4
ページ数 339,25p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-061135-0
NCID BB23571952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22899247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想