法哲学と法哲学の対話

安藤馨, 大屋雄裕 著

法哲学者ふたりは私たちに「思考」という営為の、鳥肌が立つほどの凄まじさを見せつけるだろう。激しい応酬のさなかに、ときに遊びながら。それは幸福な越境か、さては狡猾な侵犯か。-境界を越える、学問領域のその内に/外に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1テーマ 権利と人権のあいだ
  • 第2テーマ 団体が、そして団体のみが
  • 第3テーマ 平等の平等か、不平等の平等か
  • 第4テーマ 法と危険と責任と
  • 第5テーマ 正義・同一性・差異
  • 第6テーマ 最高ですか?
  • 少し離れたところからの眺め-"異世界通信"としての対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法哲学と法哲学の対話
著作者等 井上 彰
佐藤 拓磨
大屋 雄裕
安藤 馨
水津 太郎
江口 聡
片桐 直人
田村 哲樹
米村 幸太郎
書名ヨミ ホウテツガク ト ホウテツガク ノ タイワ
書名別名 A Dialogue between Jurisprudence and Legal Philosophy

Hotetsugaku to hotetsugaku no taiwa
出版元 有斐閣
刊行年月 2017.4
ページ数 349p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-12593-3
NCID BB23504274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22904422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
団体が,そして団体のみが 大屋雄裕応答, 安藤馨提
少し離れたところからの眺め : 「異世界通信」としての対話 米村幸太郎
平等の平等か,不平等の平等か 大屋雄裕提, 安藤馨応答
最高ですか? 大屋雄裕応答, 安藤馨提
権利と人権のあいだ 大屋雄裕提, 安藤馨応答
正義・同一性・差異 大屋雄裕提, 安藤馨応答
法と危険と責任と 大屋雄裕応答, 安藤馨提
法哲学と倫理学の対話 : 「権利」と「人格」 : 倫理学からの応答 安藤馨リプライ, 江口聡コメント, 大屋 雄裕
法哲学と刑法学の対話 : 新派復興の試みは成功したか? 佐藤拓磨コメント, 大屋雄裕リプライ, 安藤 馨
法哲学と憲法学の対話 : dream fighter 大屋雄裕リプライ, 片桐直人コメント, 安藤 馨
法哲学と政治哲学の対話 : 平等論と政治的権利をめぐって : 政治哲学の見地より 井上彰コメント, 安藤馨リプライ, 大屋 雄裕
法哲学と政治学の対話 : 正義の論じ方と政治の論じ方 安藤馨リプライ, 田村哲樹コメント, 大屋 雄裕
法哲学と民法学の対話 : 団体一元論と民法・民法学における個人・団体 大屋雄裕リプライ, 水津太郎コメント, 安藤 馨
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想