絵画の自意識

ヴィクトル・I.ストイキツァ 著 ; 岡田温司, 松原知生 編訳

記号論やテクスト批評、人類学、精神分析など、隣接諸学に新たな方法論的モデルを求め、西洋における多様なイメージを、隠喩的な深層と換喩的な表層に意を払う相互テクスト的な絵画読解を通してとらえ、初期近代の独立した絵画形式としてのタブローの成立を、形象によって構成されたテクスト、すなわちメタ絵画という視点から書き直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 驚いた眼(斜間
  • 相互テクスト的プロセスとしての静物画の誕生
  • 周縁)
  • 第2部 好奇の眼(アッサンブラージュ-あるいは古いイメージから新しいタブローをいかに生みだすか
  • イメージの転換点
  • 相互テクスト的機構)
  • 第3部 方法の眼(タブロー・地図・鏡
  • 画家のイメージ/絵画行為のイメージ
  • 裏返しのタブロー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵画の自意識
著作者等 Stoichită, Victor Ieronim
Stoichiţă, Victor Ieronim
岡田 温司
松原 知生
Stoichita Victor I.
ストイキツァ ヴィクトル・I.
書名ヨミ カイガ ノ ジイシキ : ショキ キンダイ ニ オケル タブロー ノ タンジョウ
書名別名 L'instauration du tableau. (重訳)

The self-aware image

初期近代におけるタブローの誕生

Kaiga no jiishiki
出版元 ありな書房
刊行年月 2001.7
ページ数 534p
大きさ 22cm
ISBN 4756601693
NCID BA52632419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20192751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想