『新しき土』の真実

瀬川裕司 著

「日独防共協定の産物」か、「ナチのプロパガンダ」か、果ては「国辱映画」か。若き原節子を"世界の恋人"たらしめた、戦前における「最初で最後の本格的輸出映画」の真相に切り込む力作。日独共同製作の裏側で囁かれ、現在でも定説として語り継がれる数々の嘘と虚報を、ドイツ側の視点も含めて丹念に検証し、『新しき土』という怪物が生み出した時代の精神を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 世界への夢
  • 第1章 日本映画の海外進出
  • 第2章 『新しき土』の誕生
  • 第3章 伊丹版・ファンク版の相違点
  • 第4章 批評の諸相
  • 第5章 『新しき土』製作期以降の輸出映画
  • 第6章 関係者の運命
  • 最終章 『新しき土』を生み出したもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『新しき土』の真実
著作者等 瀬川 裕司
書名ヨミ アタラシキ ツチ ノ シンジツ : センゼン ニホン ノ エイガ ユシュツ ト キョウラン ノ ジダイ
書名別名 戦前日本の映画輸出と狂乱の時代

Atarashiki tsuchi no shinjitsu
シリーズ名 新しき土 (映画)
出版元 平凡社
刊行年月 2017.4
ページ数 374p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-582-28264-1
NCID BB2350120X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22893810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想