今古奇観  2

抱甕老人 編 ; 千田九一, 駒田信二 訳

この本の情報

書名 今古奇観
著作者等 千田 九一
抱甕老人
立間 祥介
駒田 信二
書名ヨミ キンコ キカン : ミンダイ タンペン ショウセツ センシュウ
書名別名 明代短編小説選集
シリーズ名 ワイド版東洋文庫 45
巻冊次 2
出版元 平凡社
刊行年月 2003.5
版表示 [オンデマンド版]
ページ数 334p
大きさ 21cm
ISBN 425680045X
NCID BB26317149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22871774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1: 三孝廉 : 産を譲って高名を立つること
2: 転運漢 : 巧く洞庭紅に遇うこと
3: 蘇小妹 : 三たび新郎を難しむること
4: 徐老僕 : 義憤して家を成すこと
5: 唐解元 : 世を玩いて奇を出だすこと
両県令 : 義を競って孤女を婚がしむること
兪伯牙 : 琴を摔いて知音に謝すること
劉元普 : 貴子を雙生すること
十三郎 : 五歳にして宮中へ上ること
呂大郎 : 金を還して骨肉を全うすること
呉保安 : 家を棄てて友を贖うこと
喬太守 : 鴛鴦の譜を乱め点めること
売油郎 : 花魁を独占めにすること
女秀才 : 花を移して木を接ぐこと
妙術を誇して : 丹客 : 金を提ること
宋金郎 : 破氈笠に団円すること
崔俊臣 : 幸運にも芙蓉の衝立に出会うこと
李汧公 : 窮邸にて侠客に遇うこと
李謫仙 : 酔って嚇蛮書を草すること
杜十娘 : 怒って百宝の箱を沈むること
沈小霞 : 出師の表と相会すること
滕大尹 : 鬼によって家私を断くこと
灌園叟 : 晩に仙女に逢うこと
王嬌鸞 : 百年に長恨けること
盧太学 : 詩酒もて公侯に傲ること
看財奴 : 寃家主を刁して買うこと
私怨を懐いて : 狠僕 : 主を告ること
羊角哀 : 命を捨てて交わりを全うすること
老門生 : 三世に恩を報いること
荘子休 : 盆を鼓いて大道を成すこと
蔡小姐 : 辱を忍んで仇を報いること
蔣興哥 : 重ねて珍珠衫に会うこと
裴晋公 : 義によって原配に還すこと
親の恩を念って : 孝女 : 児を蔵すこと
趙県君 : 喬って蜜柑を贈ること
金玉奴 : 棒もて薄情郎を打つこと
鈍秀才 : 一朝にして交泰らぐこと
銭多きに逞せて : 白丁 : 帯を横にすること
銭秀才 : 錯って鳳凰の儔を占ること
陳御史 : 巧に金釵鈿を勘くこと
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想