人間の経済

宇沢弘文 著

富を求めるのは、道を聞くため-それが、経済学者として終生変わらない姿勢だった。「自由」と「利益」を求めて暴走する市場原理主義の歴史的背景をひもとき、人間社会の営みに不可欠な医療や教育から、都市と農村、自然環境にいたるまで、「社会的共通資本」をめぐって縦横に語る。人間と経済のあるべき関係を追求し続けた経済思想の巨人が、自らの軌跡とともに語った、未来へのラスト・メッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 社会的共通資本と人間の心
  • 1 「自由」と「利益」の暴走
  • 2 経済学と医療をめぐって
  • 3 教育とリベラリズム
  • 4 大学と都市の理想と現実
  • 5 数学という永遠の命
  • 6 天与の自然、人為の経済
  • 7 人類と農の営み
  • 8 「シロウトの経済学」ゆえの仏心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の経済
著作者等 宇沢 弘文
書名ヨミ ニンゲン ノ ケイザイ
シリーズ名 新潮新書 713
出版元 新潮社
刊行年月 2017.4
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610713-9
NCID BB23424073
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22897291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想