遺跡に読む中世史

小野正敏, 五味文彦, 萩原三雄 編

[目次]

  • 1 建物を読む(館・屋敷をどう読むか-戦国期大名館を素材に
  • 発掘された建物遺構をどのように読み解くか-中世住宅発掘遺構の研究方法をめぐって
  • つわものの館の成立と姿)
  • 2 出土文字資料の見方(出土文字史料の見方
  • 経塚出土文字資料と考古学的視点-同一人物が関与した経塚から
  • 鴨田遺跡出土の巡礼札が語るもの)
  • 3 場を解く(城と聖地-近年の「城とは何か」論にふれて
  • ムラが消えた-ムラ研究の可能性
  • 金山遺跡における「場」と「景観」)
  • 「考古学と中世史研究」シンポジウムの一応の区切りにあたって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺跡に読む中世史
著作者等 五味 文彦
小野 正敏
萩原 三雄
書名ヨミ イセキ ニ ヨム チュウセイシ
シリーズ名 考古学と中世史研究 13
出版元 高志書院
刊行年月 2017.4
ページ数 227p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86215-168-1
NCID BB23402671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22887437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想