谷崎潤一郎全集  第12巻

谷崎潤一郎 著

記者がのぞきみた先生の秘密「蘿洞先生」、推理小説的な分身譚「友田と松永の話」、横浜を舞台に美少女に貢ぐ中年男を描いた「青い花」、芥川龍之介との論争に発展した「饒舌録」、話題を呼んだ翻訳「グリーブ家のバアバラの話」など、残酷でエロティックな短篇を中心に、大正末から昭和初年の作品群を収載する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『潤一郎喜劇集』
  • 『赤い屋根』
  • 『近代情痴集 新潮文庫・第八編』
  • 『饒舌録』
  • 単行本未収作品
  • 雑纂

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 谷崎潤一郎全集
著作者等 谷崎 潤一郎
書名ヨミ タニザキ ジュンイチロウ ゼンシュウ
書名別名 赤い屋根 友田と松永の話 饒舌録

Tanizaki jun'ichiro zenshu
巻冊次 第12巻
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.4
ページ数 589p
大きさ 20cm
付随資料 4p.
ISBN 978-4-12-403572-8
NCID BB23391382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22876632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想