流通経済の動態と理論展開

流通経済研究会 監修 ; 木立真直, 佐久間英俊, 吉村純一 編著

1995年以降の流通理論の研究動向を、13人の専門家が多面的に明らかにするとともに、商業経済論やその延長に積み上げられてきた成果との関連を多様な視点で究明を試みた意欲作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 マーケティング理論と社会志向(マーケティング理論の再検討
  • グローバル・マーケティング論
  • インターネット・マーケティング論
  • クリティカル・マーケティング論)
  • 第2部 消費理論におけるマクロ視角(消費文化理論と流通機構の解明
  • 消費者自立論)
  • 第3部 地域と流通理論(都市と商業経済論
  • 流通の空間構造と都市流通システム論
  • 地域ブランド論とまちづくり)
  • 第4部 サプライチェーンと戦略的小売商業理論(小売サプライチェーン論
  • 小売戦略における現代的課題
  • 小売ブランド商品研究の歴史的変遷-小売ブランド論の現代的意義
  • 小売国際化論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流通経済の動態と理論展開
著作者等 佐久間 英俊
吉村 純一
木立 真直
流通経済研究会
書名ヨミ リュウツウ ケイザイ ノ ドウタイ ト リロン テンカイ
書名別名 Ryutsu keizai no dotai to riron tenkai
出版元 同文舘
刊行年月 2017.4
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-495-64871-8
NCID BB2346247X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22890639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想