鉄の王

平谷美樹 著

時は宝暦四(1754)年、屑鉄買いの鉄鐸重兵衛は下野国の小藩の鉄山奉行だった。藩が改易になり、仲間と江戸に出てきたのだ。その日、飴を目当てに古釘を持ってくるなじみの留松という子が、差し出したのは一振りの小柄だった。青く銀色に光っている。重兵衛は興奮した。希少な流星鉄(隕鉄)を使った鋼で作られている。しかし、その夜、留松の一家は惨殺され、重兵衛たちは事件の渦中へ…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄の王
著作者等 平谷 美樹
書名ヨミ クロガネ ノ オウ : リュウセイ ノ コズカ
書名別名 流星の小柄

Kurogane no o
シリーズ名 徳間時代小説文庫 ひ34-1
徳間文庫 ひ34-1
出版元 徳間書店
刊行年月 2017.4
ページ数 343p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-19-894225-0
全国書誌番号
22878102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想