スーパーマンの誕生

遠藤徹 著

ドナルド・トランプ大統領は「スーパー・トランプ」と名乗って自らをヒーローになぞらえ、「アメリカを再び偉大にする」と訴えた。なぜそこまでスーパーマンはアメリカ的なるものを代表し得るのだろうか?もしかしたら、ぼくたちは実はまだスーパーマンのことを本当はよく知らないのではないだろうか?-

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ファンタジーの力
  • 2 スーパーヒーローの暗い起源(第二期のKKK
  • KKKのイメージを作り上げたディクソン
  • KKKがスーパーヒーローの発想源)
  • 3 スーパーヒーローのエートスの由来
  • 4 優生学とその否定(もう一人のスーパーマン
  • 黒人ヘヴィー級チャンピオンの誕生
  • 優生学記録所(ERO)の時代
  • 優生学とホラー映画
  • 優生学の衰退
  • 黒いチンパンジーと白いゴリラ
  • 効率性の時代
  • 国家の便秘と流線型そして『タイム・マシン』
  • 流線型の女たち
  • 野蛮さの回復
  • 逆転願望
  • 究極の移民
  • 最後のひとひねり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スーパーマンの誕生
著作者等 遠藤 徹
書名ヨミ スーパーマン ノ タンジョウ : ケーケーケー ジケイ シュギ ユウセイガク
書名別名 KKK・自警主義・優生学
出版元 新評論
刊行年月 2017.4
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7948-1066-3
NCID BB23472462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22888339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想