徳川軍団に学ぶ組織論

小和田哲男 監修 ; 造事務所 編著

家康の天下統一は徳川軍団による共同作業だった。武名を轟かせた猛将・本多忠勝、傷だらけの切り込み隊長・井伊直政、家康を育てた四天王筆頭・酒井忠次、大胆かつ繊細な兵法家・榊原康政、信頼のおける名参謀・本多正信、合戦では忍ばなかった隠密頭・服部正成-。家康はいかに彼らの才能を引き出していったのか?最強の集団に学ぶ組織づくりの秘訣。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 苦難を乗り越え醸成された「結束力」
  • 第1章 徳川家康-精強な三河武士を率い、逆境に耐えて天下人に
  • 第2章 本多忠勝-一度も刀傷を負わなかった軍団最強の武将
  • 第3章 井伊直政-先鋒として敵陣に突入した赤備えの猛将
  • 第4章 酒井忠次-主家を支え、家康を育て上げた四天王筆頭
  • 第5章 榊原康政-主君にも堂々と意見した軍団きっての兵法家
  • 第6章 本多正信-信頼のおける相談役として仕える
  • 第7章 服部正成-合戦では忍ぶことなく、八面六臂の大活躍

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川軍団に学ぶ組織論
著作者等 小和田 哲男
造事務所
書名ヨミ トクガワ グンダン ニ マナブ ソシキロン
シリーズ名 日経ビジネス人文庫 お6-4
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2017.4
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-532-19817-6
NCID BB23510426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22882122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想