パリ万国博覧会とジャポニスムの誕生

寺本敬子 著

一八六七年パリ万国博で日本は最初の公式参加を果たした。フランスで誕生したジャポニスムは、続く一八七八年パリ万国博でまさに開花する。この時代に、いかなる「日本」イメージが形成されていったのだろうか。ふたつのパリ万国博を舞台に交差する国家の思惑、人と物。「アジア」のなかに埋没していた日本のイメージがしだいに像を結び、やがてジャポニスムという「熱狂」へと収斂していく。日仏両国の史料を駆使し、開催国フランス、参加国日本、パリの観衆、三者の相互作用を通じてジャポニスムの誕生を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 一八六七年パリ万国博覧会(「物」による日本イメージの形成(パリ万国博覧会のあゆみ
  • 一八六七年パリ万国博覧会の開催と日本の参加
  • 博覧会場における「日本」)
  • 外交の場としての万国博覧会-「日本」の揺らぎ(幕府使節をめぐる英仏の対抗
  • パリ万国博覧会における幕府外交の失敗-薩摩藩とモンブラン
  • フランス外務省の態度-昭武の傳役ヴィレットの報告から))
  • 第2部 一八七八年パリ万国博覧会(すれちがう万国博覧会への期待-ジャポニスム誕生の背景で(明治初期の日仏関係
  • フランスの産業芸術と「ジャポニスム」の誕生
  • 一八七八年パリ万国博覧会の開催と日本の参加
  • 日本博覧会事務局の創設と前田正名の活躍
  • 日本における出品物の収集とその内容)
  • 博覧会場における「ジャポニスム」の広がり(博覧会場における「日本」
  • 「日本」の展示に対するフランスの反応
  • ジャポニスムの多層化-大衆の「熱狂」と批評家の「落胆」))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリ万国博覧会とジャポニスムの誕生
著作者等 寺本 敬子
書名ヨミ パリ バンコク ハクランカイ ト ジャポニスム ノ タンジョウ
書名別名 Les Expositions universelles de Paris et la naissance du Japonisme

Pari bankoku hakurankai to japonisumu no tanjo
出版元 思文閣
刊行年月 2017.3
ページ数 349,11p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1888-2
NCID BB23364357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22912575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想