仮想通貨で銀行が消える日

真壁昭夫 [著]

仮想通貨は触ったり、数えたりできない。だから不安だ、と思う人も多い。けれども、全世界で唸りを上げて普及が加速している。使用するメリットが大きいからだ。決済コストの低さ、決済にかかる手間と時間の短縮は、群を抜く。海外では通貨交換せずに使用できる。なぜ安全性が保てるのか?犯罪に使われる可能性はないのか?電子マネーに取って替わられるのか?検証の末に浮かび上がってくるのは、仮想通貨によって変わる社会の仕組みだ。たとえば、仮想通貨で決済ができるとなると銀行のビジネスの根幹が脅かされるのだ。仮想通貨の現状を分析し、今後の展開を詳細に解説!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 そもそも"仮想通貨"って何だ?
  • 第2章 仮想通貨と私たちの生活
  • 第3章 仮想通貨の"肝"=ブロックチェーン
  • 第4章 銀行が要らなくなる日
  • 第5章 仮想通貨の問題点
  • 第6章 仮想通貨の近未来像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仮想通貨で銀行が消える日
著作者等 真壁 昭夫
書名ヨミ カソウ ツウカ デ ギンコウ ガ キエル ヒ
書名別名 Kaso tsuka de ginko ga kieru hi
シリーズ名 祥伝社新書 503
出版元 祥伝社
刊行年月 2017.4
ページ数 261p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11503-6
NCID BB23373926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22883443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想