弥生時代のモノとムラ

秋山浩三 著

[目次]

  • 第1部 土器移動と地域間交流(「河内系」土器について
  • 弥生拠点集落における土器搬入の実態
  • 吉備・近畿の交流と土器
  • 近畿の下川津B類土器(讃岐産)をめぐって
  • 「土佐産」弥生後期土器の近畿所見例をめぐる検討)
  • 第2部 農具と田植え(「大足」の再検討
  • 稲株状痕跡の分析視角-現生稲の経時観察・「発掘」と軟X線分析による試考)
  • 第3部 理化学分析・試考実験と実年代論(年代測定法-近年の理化学的手法・「二つの事件」と弥生実年代論
  • 弥生時代の被熱変形土器類と試考実験
  • 銅鐸鋳型の蛍光X線分析と試考実験)
  • 第4部 大形建物と史跡整備(教科書に登場する遺跡-池上曽根遺跡
  • 実録/池上曽根大形建物・井戸の復原工事)
  • 第5部 集落特性と専業・都市論(弥生「集住」集落の基本特性
  • 弥生の風と火と水と-事業生産の理解をめぐって
  • チャイルドの「長距離交易」と唐古・鍵〜纒向の時代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弥生時代のモノとムラ
著作者等 秋山 浩三
書名ヨミ ヤヨイ ジダイ ノ モノ ト ムラ
書名別名 Material Culture and Settlements of Yayoi Period Japan
出版元 新泉社
刊行年月 2017.3
ページ数 429p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-7877-1703-0
NCID BB23583441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22889516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想