巴水の日本憧憬

川瀬巴水 画 ; 林望 文

痛切な懐かしさ、滅んだものへの憧憬。大正・昭和期の日本を描いた版画家・川瀬巴水の春夏秋冬の作品約50点と、林望の文章が誘う、失われた風景への旅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(井之頭の春の夜-絢爛たる静寂
  • 品川-江戸の残影と近代の景色と ほか)
  • 夏(こま形河岸-青竹、蒼穹、そして河風
  • 佐渡相川町-夕映と老人 ほか)
  • 秋(小浜堀川-名の無き場所、夕闇そして幽かな光
  • 池上市之倉(夕陽)-今昔の感深し ほか)
  • 冬(千束池-水すましとブリキ鬼
  • 上州法師温泉-絵の中の巴水 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巴水の日本憧憬
著作者等 川瀬 巴水
林 望
書名ヨミ ハスイ ノ ニホン ショウケイ
出版元 河出書房新社
刊行年月 2017.3
ページ数 125p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-309-27824-7
NCID BB23445550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22883302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想