国際関係論の生成と展開

初瀬龍平, 戸田真紀子, 松田哲, 市川ひろみ 編

坂本義和、高坂正堯から村井吉敬、高橋進まで、平和の問題を真剣に考え続けた先達たち。時代と対話した彼らの苦闘をたどり、日本の国際関係論の内発性、土着性、自立性を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 国際政治学(国際政治学-権力政治をめぐる
  • 政治外交史)
  • 第2部 国際関係論(国際関係論-権力政治を超える志向
  • 平和研究と政治学
  • 内発的発展論
  • 国際関係論と地域研究)
  • 第3部 新しい挑戦(地域研究の萌芽
  • 新たな課題)
  • 座談会・日本における国際関係論の発展とその課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際関係論の生成と展開
著作者等 初瀬 竜平
市川 ひろみ
戸田 真紀子
松田 哲
書名ヨミ コクサイ カンケイロン ノ セイセイ ト テンカイ : ニホン ノ センダツ トノ タイワ
書名別名 Non-Western International Relations

Non-Western International Relations : 日本の先達との対話
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2017.3
ページ数 387p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-1147-9
NCID BB23404167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22885653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アフリカ研究 杉木明子
ジェンダー研究 和田賢治
中央アジア研究 中村友一
中東イスラーム研究 森田豊子
地域研究と国際関係学の緊張 毛里和子
坂本義和 中村研一
宮里政玄 池尾靖志
川田侃 松田 哲
斎藤眞 菅英輝
日本における国際関係論の発展とその課題 平井友義, 毛里和子, 菅英輝 ほか
木戸蓊 定形衛
村井吉敬 堀芳枝
永井陽之助 佐藤史郎
溪内謙 野田岳人
玉野井芳郎 山口治男
神川彦松 上野友也
細谷千博 林忠行
総論 初瀬龍平
西田幾多郎 清水耕介
関寛治 杉浦功一
馬場伸也 戸田 真紀子
高坂正堯 岸野浩一
高柳先男 佐々木寛
高橋進 妹尾哲志
高畠通敏 市川ひろみ
鴨武彦 宮下豊
鶴見和子 柄谷利恵子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想