非常時のモダニズム

五十殿利治 著

[目次]

  • 第1部 帝国の美術戦略(もうひとつの「日本美術年鑑」と対外文化宣伝-The Year Book of Japanese Art(『英文日本美術年鑑』)について
  • 美の聖域と競技場-一九三六年ベルリン・オリンピック美術展について
  • 日中戦争期における雲岡石窟と日本人美術家-柳瀬正夢と長谷川三郎を中心に)
  • 第2部 越境するモダニスト(シベリア横断の画家と小説家によるパリ美術生活案内-島村三七雄と林芙美子
  • モダニズムの展示-巴里新興美術展をめぐって
  • 岡本太郎とスイス・コネクション-ネオ=コンクレティスムと一九三〇年代の「総合」の芸術
  • セリグマン来日と日本の「前衛」-長谷川三郎と瑛九)
  • 第3部 帝都の展示空間-上野恩賜公園とモダン銀座街頭(近代美術館から現代美術館へ-美術館建築と「現代美術」
  • 一九三〇年代東京における「街頭展」とモダニズムの新拠点-「ブリュッケ」と「日本サロン」について
  • アマチュア写真から写真壁画まで-板垣鷹穂と写真展月評という舞台:『アサヒカメラ』一九三三〜一九四二)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非常時のモダニズム
著作者等 五十殿 利治
書名ヨミ ヒジョウジ ノ モダニズム : センキュウヒャクサンジュウネンダイ テイコク ニホン ノ ビジュツ
書名別名 1930年代帝国日本の美術

Hijoji no modanizumu
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2017.3
ページ数 550,9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-086052-9
NCID BB23399431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22880166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想