「萬世一系」の研究  下

奥平康弘 著

新(戦後)・旧(明治)二つの皇室典範の制定過程で、ともに論議の的となった「天皇の退位」「女帝」「庶出の天皇」の可否という三つの焦点を、憲法学の泰斗が法解釈学的に再吟味し、日本国憲法の下での天皇・皇室のあり方について議論を深めるための論点を提示する。下巻では、明治期に皇室典範が形づくられた過程を、井上毅や伊藤博文ら為政者の構想、民権結社の議論や法制官僚の意見書など、多彩な資料を読み解きつつ検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2部 明治皇室典範の成立過程-「近代化」と「萬世一系」(皇位継承をめぐって-「庶出ノ天皇」「女帝否認」
  • 「天皇の退位」否認をめぐって
  • 「萬世一系」と「天皇の不自由」との関係)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「萬世一系」の研究
著作者等 奥平 康弘
書名ヨミ バンセイ イッケイ ノ ケンキュウ : コウシツ テンパンテキ ナル モノ エノ シザ
書名別名 「皇室典範的なるもの」への視座
シリーズ名 学術 360
皇室典範 360
岩波現代文庫 360
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.3
ページ数 294,3p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600360-9
NCID BB23301619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22877522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想