重蔵始末

逢坂剛 著

間宮林蔵、最上徳内と並び称される蝦夷地探検家、近藤重蔵。八歳で四書五経を諳んじ、十七歳で私塾「白山義学」を開いた俊才は、人並みはずれた精力家、酒豪であり、傍若無人の奇傑であった。江戸で火盗改に出た若き日の重蔵が、縦横無尽に事件の解決に当たる。新しい魅力にあふれた本格時代小説、堂々登場。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重蔵始末
著作者等 逢坂 剛
書名ヨミ ジュウゾウ シマツ
出版元 講談社
刊行年月 2001.6
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 4062107104
全国書誌番号
20167978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
七化け八右衛門 逢坂 剛
北方の鬼 逢坂 剛
猫首 逢坂 剛
茹子と瓜 逢坂 剛
赤い鞭 逢坂 剛
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想