密教美術の図像学

森雅秀 著

図像解釈学に基づき、インド・チベット・ネパールを中心としたアジアの密教美術を網羅的に考察し、従来の密教美術研究の通説を覆す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 図像を解釈するために(テキストを読む・図像を読む
  • 仏教学と図像研究)
  • 第2部 インドにおける密教美術の形成(密教仏の形成
  • オリッサ州カタック地区出土の四臂観音立像 ほか)
  • 第3部 密教仏のイメージの展開(十忿怒尊のイメージをめぐる考察
  • 賢劫十六尊の構成と表現 ほか)
  • 第4部 マンダラの形が表すもの(マンダラの形態の歴史的変遷
  • 観想上のマンダラと儀礼のためのマンダラ ほか)
  • 第5部 忿怒尊と女尊の図像学(感得像と聖なるものに関する一考察
  • 仏教における殺しと救い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 密教美術の図像学
著作者等 森 雅秀
書名ヨミ ミッキョウ ビジュツ ノ ズゾウガク
書名別名 Iconology of Tantric Buddhist Art

Mikkyo bijutsu no zuzogaku
出版元 法蔵館
刊行年月 2017.2
ページ数 497,12p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8318-6369-0
NCID BB23365418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22881632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想