不在の騎士

イタロ・カルヴィーノ 著 ; 米川良夫 訳

時は中世、シャルルマーニュ大帝の御代、サラセン軍との戦争で数々の武勲を立てた騎士アジルールフォ。だが、その白銀に輝く甲胄の中はからっぽだった。肉体を持たず、意思の力によって存在するこの"不在の騎士"は、ある日その資格を疑われ、証を立てんと十五年前に救った処女を捜す遍歴の旅に出る。付き従うは過剰な存在を抱えた従者グルドゥルー。文学の魔術師カルヴィーノが人間存在の歴史的進化を奇想天外な寓話世界に託して描いた"我々の祖先"三部作開幕。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不在の騎士
著作者等 Calvino, Italo
米川 良夫
カルヴィーノ イタロ
書名ヨミ フザイ ノ キシ : ワレワレ ノ ソセン
書名別名 IL CAVALIERE INESISTENTE

我々の祖先

Fuzai no kishi
シリーズ名 海外小説永遠の本棚 210
白水uブックス 210
出版元 白水社
刊行年月 2017.3
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-07210-3
NCID BB23377982
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22866272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想