アメーバ経営の進化

アメーバ経営学術研究会 編

「アメーバ経営」は、京セラ創業者の稲盛和夫氏が考案した経営システムで、京セラを小さな町工場から世界的企業に飛躍させる原動力になり、1990年代以降、実務家の注目を集めるようになった。近年、アメーバ経営は、経営再建を果たしたJALでの実践や、医療介護や教育機関の場で利用できるようにカスタマイズされるなど、サービス業界における導入が進んでいる。本書は、管理会計、経営管理、組織文化、経営哲学の領域における研究者による、アメーバ経営研究の成果である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 サービスの品質を高めるアメーバ経営-日本航空株式会社の客室サービスを変えたJALフィロソフィ
  • 2 医療組織へのアメーバ経営の導入
  • 3 部門別採算制度が経営理念の発現に及ぼす影響-ホテルにおけるアメーバ経営の事例
  • 4 アメーバ経営の学校組織への導入
  • 5 アメーバ経営の利益連鎖管理とトヨタ生産システム-日本的経営にみられる機会損失管理の典型
  • 6 アメーバ経営と原価・収益計算構造
  • 7 アメーバ経営の導入プロセスと導入効果-株式会社カズマの事例
  • 8 渋沢栄一の道徳経済合一説からみたフィロソフィとアメーバ経営-公益と私利の両立をめぐって
  • 9 京セラ・アメーバ経営と経営環境の変化-責任会計論と管理者行動の観点から
  • 10 アメーバ経営は企業に成果をもたらすのか-導入企業97社へのアンケートに基づく実態調査

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメーバ経営の進化
著作者等 アメーバ経営学術研究会
三矢 裕
上総 康行
丸田 起大
加護野 忠男
北居 明
大田 嘉仁
尾畑 裕
庵谷 治男
挽 文子
松井 達朗
潮 清孝
澤邉 紀生
田中 一弘
稲盛 和夫
窪田 祐一
谷 武幸
鈴木 竜太
黒瀬 善仁
小野 康裕
鈴木 寛之
近藤 大輔
書名ヨミ アメーバ ケイエイ ノ シンカ : リロン ト ジッセン
書名別名 理論と実践
出版元 中央経済社 : 中央経済グループパブリッシング
刊行年月 2017.3
ページ数 316p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-21301-4
NCID BB23348532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22871738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想