他性と超越

エマニュエル・レヴィナス 著 ; ピエール・アヤ 編 ; 合田正人, 松丸和弘 訳

レヴィナス自身が編集に携わった最後の論集。"超越"を起点として、レヴィナス哲学の枢要な概念"全体性と無限"をめぐり展開されるその思考の精髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 もうひとつの超越(哲学と超越
  • 全体性と全体化 ほか)
  • 2 対話の哲学と第一哲学(対話を超えて
  • 私という語、きみという語、神という語 ほか)
  • 3 平和と権利(表象の禁止と「人間の権利」
  • 平和と近さ ほか)
  • 4 対談(哲学者と死
  • 顔の暴力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 他性と超越
著作者等 Hayat, Pierre
Lévinas, Emmanuel
合田 正人
松丸 和弘
Levinas Emmanuel
レヴィナス エマニュエル
書名ヨミ タセイ ト チョウエツ
書名別名 Altérité et transcendance
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 711
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2001.5
ページ数 191, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4588007114
NCID BA51842518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20186659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想