世界文学教室

高橋健二 著

[目次]

  • 目次
  • ホメロス(西洋文学生みの親) / 16
  • たて琴のしらべ / 16
  • 『イリアス』 / 19
  • 『オデュッセイア』 / 25
  • ホメロスというひと / 29
  • ギリシャ文学 / 32
  • ダンテ(ルネサンスのさきがけ) / 35
  • 永遠の女性 / 35
  • 『神曲』 / 40
  • ルネサンス / 48
  • シェークスピア(万人の心を心とする) / 51
  • 『ハムレット』 / 51
  • 鹿ぬすびと / 60
  • その作品のかずかず / 64
  • 『ドン・キホーテ』を書いたひと / 68
  • モリエール(古今に絶する喜劇作者) / 73
  • 「陛下、それはモリエールです」 / 73
  • 上演禁止 / 77
  • 「たったいま笑ったばかりなのに」 / 82
  • ふたりの悲劇作家 / 87
  • デフォーとスウィフト / 89
  • 『ロビンソン・クルーソー』 / 91
  • 『ガリヴァー旅行記』 / 92
  • ゲーテ / 94
  • 『詩と真実』 / 94
  • 『若きヴェルテルの悩み』 / 97
  • 『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』まで / 102
  • 晚年 / 106
  • 『ファウスト』 / 109
  • シラー / 116
  • バイロン(文学のナポレオン) / 125
  • 『チャイルド・ハロルドの巡歴』 / 125
  • 祖先は海賊 / 133
  • ハイネ / 138
  • プーシキン / 140
  • ユーゴー(『生きた聖書』を書いた) / 142
  • 『レ・ミゼラブル』 / 142
  • 『エルナニ』事件 / 147
  • パンテオンに葬られる / 151
  • バルザック(『人間喜劇』の巨人) / 153
  • 創作する機械 / 153
  • 歴史の文学化 / 156
  • お金が主人公 / 157
  • 四大傑作 / 159
  • スタンダール / 166
  • フローベル-モーパッサン-ゾラ / 168
  • ディケンズ(笑いと涙の小説家) / 170
  • もっとも愛されたひと / 170
  • 芝居ずきの新聞記者 / 175
  • 『ディヴィッド・カッパーフィールド』 / 177
  • サッカリ / 185
  • エドガー・アラン・ポー(アメリカの鬼才) / 187
  • 推理小説の開祖 / 187
  • 『黒ねこ』 / 190
  • すぐれた詩人でもあった / 193
  • ホィットマン / 194
  • マーク・トウェーン / 197
  • ツルゲーネフ(ロシア三大文豪のひとり) / 201
  • ハンニバルの誓い / 201
  • 『猟人日記』 / 204
  • 『ルーディン』『父と子』その他 / 207
  • 乞食 / 211
  • すずめ / 212
  • ドストエーフスキー(人間苦とたたかった天才) / 215
  • 〝あたらしいゴーゴリが現われた〟 / 215
  • ゆるされた死刑囚 / 220
  • 『罪と罰』 / 223
  • 深刻な大長編三つ / 232
  • トルストイ(十九世紀文学の巨峰) / 236
  • 『戦争と平和』 / 239
  • 『アンナ・カレーニナ』 / 246
  • 『復活』 / 248
  • イプセン(近代劇の父) / 254
  • ストリンドベリー / 259
  • チエホフ / 260
  • ノーベル文学賞のひとびと / 262
  • ノーベル賞とは / 262
  • はじめの十年 / 265
  • メーテルリンクとハウプトマン / 268
  • ロマン・ローラン / 271
  • アナトール・フランスとバーナード・ショー / 274
  • トーマス・マン / 277
  • はじめてアメリカ作家に / 280
  • ヘルマン・ヘッセ / 286
  • アンドレ・ジード / 289
  • あたらしい作家たち / 291
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界文学教室
著作者等 高橋 健二
書名ヨミ セカイ ブンガク キョウシツ
シリーズ名 知識文庫 ; 16
出版元 ポプラ社
刊行年月 昭和28
ページ数 308p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
45020785
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想