沖縄戦と教科書

安仁屋政昭, 徳武敏夫 著

私たちには、沖縄戦の実相とその特徴を明らかにするとともに、沖縄戦をめぐるさまざまの貴重な体験を、次の世代に継承する仕事があります。それをもっとも具体的に実践したものの一つが、家永三郎さんを原告とした教科書裁判のたたかいとそれを支援する市民の民主主義運動でした。戦争体験の継承の中でもっとも一般的で普遍的なものは教育の分野における歴史教育、その具体的な手段は学校教育における教科書ではないでしょうか。ところがわが国では、文部大臣による検定や学習指導要領などの制約があって、必ずしも戦争の実相が著者の意図どおりに教科書に叙述されないという問題があります。高校日本史教科書の著者として家永さんは、歪められた教科書記述を正すために、裁判で三二年間たたかいつづけたのです。それは戦争の真実を次の世代に正しく継承するためのたたかいにほかなりませんでした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 沖縄戦への道(アジア太平洋戦争
  • 沖縄戦前夜)
  • 2 沖縄戦の実相(沖縄戦はじまる
  • 沖縄戦終わる)
  • 3 沖縄戦をどう伝えるか(沖縄戦体験をどういかすか
  • 沖縄戦と家永教科書裁判)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄戦と教科書
著作者等 安仁屋 政昭
徳武 敏夫
書名ヨミ オキナワセン ト キョウカショ
書名別名 Okinawasen to kyokasho
シリーズ名 母と子でみる A9
出版元 草の根出版会
刊行年月 2000.8
ページ数 127p
大きさ 23cm
ISBN 4876481539
NCID BA47958326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20174254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想